ペリオチップ

URMペリオハードチップ

ペリオハードチップ
H1、H2R、H2L、H3、H4R、H4L

URM ペリオハードチップ - ダイヤモンドタイプ -

H1、H2R、H2L
歯肉縁下SRP:微細なダイヤモンド付チップ
適合部位:キュレット型チップが挿入困難な狭窄部位等、特殊部位のSRP に最適です。
キュレット型チップが操作困難な部位にポイント的活用がお奨めです。

URM ペリオハードチップ - キュレットタイプ -

H3、H4R、H4L
歯肉縁下SRP 用に開発されたキュレット型チップ
ストローク:第1 シャンクを歯面に対し約20 度傾斜させストローク( 垂直・斜行・水平)。硬く強固な歯石除去にはチップの先端を下向きにし、歯石の上からタッピングストローク。大きな歯石が除去できたらスウィーピングストローク。
操作ポイント:チップの先端から2~3mm の側面を使用します。

Image
Image
Image

4130-10

URMペリオハードチップ H1

キュレット型チップでは操作困難な部位に適しており、特に垂直性骨吸収部位等に最適です。
主な使用部位:前歯部
特徴:ユニバーサルキュレットチップが挿入困難な前歯や垂直性骨吸収部位等

  • 【パワー:P-MAX】SRP:P1~P3
  • 【パワー:P5】1~2
Image
Image
Image

4130-20

URMペリオハードチップ H2R

キュレット型チップでは操作困難な部位に適しており、特に根分岐部の歯石除去に最適です。
主な使用部位:臼歯部
特徴:ユニバーサルキュレットチップが挿入困難な部位(特に根分岐部)

  • 【パワー:P-MAX】SRP:P1~P3
  • 【パワー:P5】1~2
Image
Image
Image

4130-21

URMペリオハードチップ H2L

キュレット型チップでは操作困難な部位に適しており、特に根分岐部の歯石除去に最適です。
主な使用部位:臼歯部
特徴:ユニバーサルキュレットチップが挿入困難な部位(特に根分岐部)

  • 【パワー:P-MAX】SRP:P1~P3
  • 【パワー:P5】1~2
Image
Image
Image

4130-30

URMペリオハードチップ H3

(左図:犬歯)第1シャンクを歯面に対し、約20 度傾斜させストローク(垂直・斜行・水平)。
(左図:第一大臼歯)頬舌側はチップ先端を下向きにし、斜行・水平ストローク。厚みのある歯石除去の際、タッピングにて操作します。
主な使用部位:前歯( 臼歯遠心)
特徴:歯肉縁下歯石除去に最適なチップ(縁上スケーリングも、P モードにて使用可能です。)

  • 【パワー:P-MAX】歯石除去:P1~P7、デブライドメント:P1~P3
  • 【パワー:P5】1~2
Image
Image
Image

4130-40

URMペリオハードチップ H4R

近遠心面を行う場合は、垂直ストローク。頬舌側・遠心面を行う時はチップ先端を下向きにし、水平・斜行ストローク。
主な使用部位:臼歯部
特徴:ユニバーサルキュレット型チップ。H4R/H4Lの2本のチップで臼歯部に対応します。

  • 【パワー:P-MAX】歯石除去:P1~P7、デブライドメント:P1~P3
  • 【パワー:P5】1~2
Image
Image
Image

4130-41

URMペリオハードチップ H4L

近遠心面を行う場合は、垂直ストローク。頬舌側・遠心面を行う時はチップ先端を下向きにし、水平・斜行ストローク。
主な使用部位:臼歯部
特徴:ユニバーサルキュレット型チップ。H4R/H4Lの2本のチップで臼歯部に対応します。

  • 【パワー:P-MAX】歯石除去:P1~P7、デブライドメント:P1~P3
  • 【パワー:P5】1~2

商品に関するお問合せはこちら

下記にご記入の上、送信してください。

内容


必須歯科医院名
必須お名前
フリガナ
性別
必須メールアドレス
必須確認のためもう一度
必須郵便番号
必須ご住所
  1. 都道府県
  2. 市区町村
  3. 丁目番地
必須電話番号
必須お取引店名
備考欄
必須送信確認