スケーラーチップ

スプラソンチップ

スプラソンチップ
#1、#1S、#2、#3、#10

歯肉縁上、歯間部等に使用し、歯石や沈着物を除去します。
前後方向に振動する特性を持っており、歯石や沈着物等へ有効にアプローチし、エナメル質やセメント質に不要な衝撃を与えません。
Sモードでの使用を推奨していますが、より小さなパワー(Eモード)を使用して除去することも可能なケースがあります。

ストローク:硬く強固な歯石除去( タッピング)、一般の歯石やプラーク除去( スウィーピング)
操作ポイント:操作方向にチップの先端が向き、先端2~3mm位を断面に当てます。
操作角度:歯面とチップは0~15度以内

Image
Image
Image

4441-01

スプラソンチップ #1

歯肉縁上歯石除去のスタンダードチップです。
主な使用部位:全顎
特徴:スタンダードチップ

  • 【パワー:P-MAX】S1~S2
  • 【パワー:P5】8~10
Image
Image
Image

4441-08

スプラソンチップ #1S

#1 より長く、先端部分が細くなっている形状でチップ側面がフィットしやすく、最後臼歯遠心部の操作性にも優れています。
主な使用部位:全顎
特徴:#1 のスリムタイプ

  • 【パワー:P-MAX】S1~S2
  • 【パワー:P5】8~10
Image
Image
Image

4441-02

スプラソンチップ #2

下顎前歯舌側面の厚みがあり大量の歯石除去に最適です。プラークと歯石の境目にチップ先端部を置き、タッピングしながら除去します。
主な使用部位:下顎前歯舌側部
特徴:厚みのある歯石除去

  • 【パワー:P-MAX】S1~S2
  • 【パワー:P5】8~10
Image
Image
Image

4441-03

スプラソンチップ #3

#2よりチップ先端の角が丸いため、歯肉炎症時にチップが触れても痛みが軽減できます。( 除去効率は#2の方が高いが、患者の痛みをより考慮しています。)
主な使用部位:下顎前歯舌側部
特徴:厚みのある歯石除去・角が丸い

  • 【パワー:P-MAX】S1~S2
  • 【パワー:P5】8~10
Image
Image
Image

4441-10

スプラソンチップ #10

歯間隣接面にも最適です。歯間空隙がない部位の硬く大きな歯石を、短時間で除去できます。
主な使用部位:全顎
特徴:歯間部/ 上下前歯部/ 舌側転移部位等

  • 【パワー:P-MAX】S1~S2
  • 【パワー:P5】8~10

商品に関するお問合せはこちら

下記にご記入の上、送信してください。

内容


必須歯科医院名
必須お名前
フリガナ
性別
必須メールアドレス
必須確認のためもう一度
必須郵便番号
必須ご住所
  1. 都道府県
  2. 市区町村
  3. 丁目番地
必須電話番号
必須お取引店名
備考欄
必須送信確認